買いたい車があるかどうか考えてみる

今乗っている車を修理するか、それとも新しい車に買い替えるのか、迷ったときはとりあえず買いたい車があるかどうかを考えてみるといいです。
メーカーのカタログを見てみたり、中古車の販売店を訪れてみたり。

最終的に買うかどうかは別にして、まずは一通り車を見て、乗りたいと思えるものを探してみるのです。

 

金額面でも機能面でも、どちらに注目しても構いません。

この車を運転してみたい、買いたいと思えたら、それが買い替えのタイミングなのだと判断しましょう。
色々な車を見ても特に気持ちが移らないのなら、今乗っている車を修理するという選択でかまわないと思います。

直せば使えるものを、欲しい車がないのに無理に手放してしまう必要はありません。
とはいえ多分、色々な車を見ているうちに、買いたいと感じる車が出てくることと思います。

買い替えか修理かで迷っている時点で、実は気持ちは結構買い替えの方に動いていることがほとんどだからです。

 

買い替えをなんとなく望んでいて、それでも決断ができないのは、もったいないからという理由に他なりません。
車を大事にする気持ちは美徳で、守っていくべきものです。

それでも気が乗らないのに無理をすることはありません。
無理をしたうえで選択するから、後から不満が出るのです。

損か得かは些細な問題でしかなく、後から選択が正しかったかどうかを判断するのは、結局のところ自分の感情一つです。

 

素直な自分の気持ちを見つめ直してみることです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>