破損がひどくて修理費が50万円!保険のおかげでタダになりました

乗っていたのはトヨタのヴィッツでした。

当時私の確認不足で後続車と衝突し、運転席側の足回り、フロント部分などを大きく破損しました。

 

事故した直後はそのままでは走れない上体でしたのでレッカー車で運搬をしてもらいました。
修理を依頼したのはいつもお世話になっている整備工場で、レッカーでその整備工場まで車を運搬してもらい、詳しく故障箇所を調べてもらいました。

 

調べた結果、フロント部分のボディがめり込んだ形になっていたため、ボディも引っ張り出して直す必要があることが判明しました。

故障箇所はボディの変形、右側の足回りの破損、サイドミラー破損、ライト部分の破損、バンパー変形などで、フロント部分はほぼ新たにやり直す必要がありました。

 

運がよかったのはエンジンが全く壊れていなかったことで、エンジンまで壊れていたら廃車にすることも考えたほどです。

おそらく右側から衝突したため、運よくエンジンまで被害が及ばなかったのでしょう。

怪我もしていませんでしたから、車の破損状況を考えれば怪我がなくてラッキーだったと考えたほうが良かったのでしょう。

 

修理にかかった期間は約1ヶ月で、金額に関しては50万円程度の費用がかかりました。

これは保険を使用して直したので実際には出費はしてません。

 

実は相手方の車も私の保険で直したため、保険会社への請求額の合計は100万円を超える金額になっていました。

保険に入っていなかったらどうなっていたかと思うとぞっとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>