任意保険を安くするには車両保険を見直しましょう

自動車の任意保険を安くする方法です。基本的には、保証内容を最低限にすれば安くなります。

では最低限とは何でしょうか。

ここで、そもそも任意保険の役割について考えてみましょう。

 

任意保険とは、自賠責とは別に任意で民間の保険に加入することから任意保険と呼ばれています。

そのため、本来であれば保険の加入は必須ではありません。

 

しかしながら、万が一に事故を起こした場合、特に人や物を傷つけた場合に支払う金額が、個人で負担できる範囲を大幅に超えるケースが多いため、任意保険により、事故の備えが必要とされています。

 

具体的には、事故により人が死亡した場合は数億円、ケガについても治療費に加えて就労保障や慰謝料など、数千万の負担になり、また加えて物を壊した場合はその弁償も必要です。

信号機が工事費込みで数百万円、家や家財、街路樹、相手の車など、貯蓄で賄いきれないものが多いのではないでしょうか。

 

このような事故など不測の事態、万が一の事態に、貯蓄などで賄えない支出に備えるのが保険の役割です。

そのため、万が一があっても貯蓄などで対応できるものは保証内容から外すのが基本です。

 

このように考えると、まず外せるのが「車両保険」です。

これは自分の車が傷ついたときのための保証ですが、車の修理はどれくらいになるか考えてみます。

 

擦り傷ならそのままでもいいですし、塗装の直しなら数万円、ドアなどの部品を交換しても10万円程度です。

多くの修理は10万円を超えないのではないでしょうか。

 

万が一車が全損して買い換えることになっても、中古車なら数十万から、新品でも数百万です。

ローンや貯蓄など、保険以外でも対応できるのではないでしょうか。

 

車両保険を削ると、年間の保険料は数万円さがる場合が多いです。

まずは車両保険の見直し、切捨てから検討してはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>