自動車保険の一括見積りサイトってどうなの?

保険料の安い保険会社を選べる一括見積りサイトとは

 

自動車に掛ける任意保険は1998年に保険の自由化が行われるまでは、どこの保険会社に申込んでも保障内容が同じであれば保険料は同額になっていました。

 

ところが、保険が自由化されたことで同じ保障内容でも保険料の違う保険会社が出現するようになるとともに、保険の販売方式も従来の「代理店型」だけではなく、「通販型」と呼ばれる電話やインターネットから申込むタイプのものもできたことで、保険料における業者間格差が表面化しました。

 

なお、通販型の保険会社は自社の営業所を開設しない分、人件費や店舗維持費などの経費が掛からないため、同じ保障内容なら代理店型より保険料が大幅に安くなっています。

 

そして、利用者にとって最も適切な保障と保険料を得られる手段となるのがインターネット上で利用できる「一括見積りサイト」です。

 

一括見積りサイトでは一度に多くの保険会社から同時に見積りが取れるため、複数の保険会社の見積りを比較対照した上で、一番安い保険会社を選べるようになっています。

 

さらに、現在は保障において「リスク細分型」というシステムが導入されており、保障の範囲を細かく限定することで保険料を安くすることができるようになっています。

 

例えば、運転者限定というものがあり、車の運転者を本人限定という保障にすれば、運転者を特定しない保障よりも大幅に保険料を低くすることができます。

その他にも、運転者の年齢限定や車の使用用途限定などを付けて見積りを取ると、保険料に数万円も差が付くことが少なくありません。

 

保障内容を細かく設定した上で一括見積りサイトを利用することが、最安値の保険料を選ぶ有効な手段と言えます。

 

一括査定サイトで保険料の安い会社を見つけるといい

 

自動車保険というのは一括で査定を貰えるサイトが存在しますので、そのサイトを利用して安い保険を見つけることが出来ればいいと思います。

この方法であればどの会社が安いのかはすぐにわかりますし、しかも補償内容に変更によって安い保険に変えることだって可能です。

 

無料で利用できる所も結構いいと思うので、まずはこうしたサイトを利用して安い保険を見つけた方がいいでしょう。

 

基本的に自動車の情報と現在の保険について入力して行けば問題ありません。

ただ今の保険が同も高いと感じているようであれば、自分で要らないと思った部分は捨ててしまっても構いません。

 

特に車両保険については無しにした方が圧倒的に安くなるので、単独事故を起こすような運転をしないのであれば外しても構わないでしょう。

後は保険会社の金額を参考にして選べばいいだけです。

 

この方法なら安い保険会社を見つけてすぐに申込みをすることができます。

しかもどのような時間帯であっても利用できるため、夜遅くに自動車保険を考えるということも可能です。

 

登録している保険会社はかなり多く、特にダイレクト型と呼ばれる通販会社がかなり安い保険を提供しています。

今の保険料と比べて相当安くなることもありますので、自動車保険一括査定サイトを使っていい保険を見つけてください。

 

車や保険内容によっては査定を貰える会社が減ってしまう可能性はありますが、今よりも高い内容になってしまうことは滅多にないので安心してください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>